サステナビリティ

  • このリンクをシェア
  • ツイート

きゅうでん米作りプロジェクト

きゅうでん米作りプロジェクト

お米って、どうやってできてるの?
都市部に住む多くの子どもたちにとって、田んぼや米作りは未体験の大冒険。
この機会にお子さまと一緒に米作りを体験してみませんか?
2015年から始まった「きゅうでん米作りプロジェクト」。
今年も、私たちの食卓に欠かせないお米がどのように作られているか、子どもたちに実際に体験してもらうことを目的に、地域活性化、国際交流、自然環境教育などの要素も織り交ぜ、田植えから稲刈りまで、年に3回程度のイベントを予定しています。

7月23日(土曜日)開催 田んぼの散策と夏野菜収穫体験

今回募集するのは、田んぼの散策&夏野菜の収穫体験の参加者です!
5月に植えた苗がどれくらい生長しているか楽しみです。
散策の後は、ナスやキュウリなどの夏野菜収穫体験を楽しみましょう!

ご好評につき、受付を締め切りました。たくさんのお申込みをありがとうございました。

開催日時 2022年7月23日(土曜日) 10時00分~13時00分
開催場所 福岡市早良区脇山地区
集合場所 オイスカ西日本研修センター
福岡市早良区大字小笠木678-1
参加費 1家族500円(野菜収穫体験)+小学生以上1人あたり500円(昼食:カレーつき)
定員 80名程度(定員になり次第、募集を締め切らせていただきます)
問合せ先 九州電力送配電株式会社 福岡支社 企画管理グループ
メールアドレス:fukuoka_dc_keikaku@kyuden.co.jp
電話番号:092-984-4447(平日 9時~17時)
主催者 公益財団法人オイスカ西日本研修センター
九州電力送配電株式会社
その他
  • 汚れても良い格好で、タオル、着替え、帽子、飲み物などを各自でご用意ください。
  • その他、詳細につきましては、申込受付後にご連絡します。
  • ホームページや広告等で使用するため、イベント中に写真や映像を撮影し、使用させていただきます。
コロナ対策 マスク着用、検温、手指消毒、ソーシャルディスタンスの確保へのご協力をお願いします。
  • 当日、受付にて検温と体調確認を行います。
    37.5度以上、または風邪等の症状がある場合は参加をご遠慮いただきます。
  • 原則、マスク着用でのご参加となりますので、各自ご持参をお願いします。
感染拡大状況によっては開催を中止とさせていただく場合がございます。

5月28日(土曜日)泥んこになって田植えを楽しみました!

新型コロナウイルス感染症の影響により、3年ぶりの開催となった今回は、人数制限等のコロナ対策を講じて開催。
総勢120名で、晴天の中、泥んこになりながら、オイスカの海外研修生も一緒に活動を満喫しました。

一般参加・ボランティア約120名近い参加者の写真
田植えの様子の写真1
田植えの様子の写真2
田植えの様子の写真3
田植えの様子の写真4
オイスカの海外研修生との国際交流の写真

田植えの後は、昼食にオイスカ特製の「カレー」をいただきました。
その後、オイスカの海外研修生との国際交流。研修生による歌やダンスで盛り上がりました。

一般参加・ボランティア約200名近い参加者の写真