個人のお客さま

  • このリンクをシェア
  • ツイート

省エネ・節電お役立ち情報をご紹介します

エアコン

設定温度は控えめに

衣服などで調整して、設定温度を無理のない範囲で外気温に近づけましょう。室温は、夏は28度、冬は20度を目安に。
設定温度は控えめにのイメージ

使うのは必要なときだけに

不要なときまで冷暖房していませんか?タイマーを上手に使って、外出時は早めに切るなどの工夫をしましょう。

(注)頻繁な入り切りは逆効果になることもあります。

窓にはカーテンやブラインドを

カーテンやブラインド、断熱フィルム等で窓から出入りする熱を遮断すると冷暖房効率がアップします。

扇風機やサーキュレーターを活用

エアコンと扇風機を併用すると、扇風機の風が冷気や暖気を部屋中に行き渡らせるので、設定温度を控えめにしても冷暖房効果が上がります。
扇風機やサーキュレーターを活用のイメージ

室外機の周りはふさがずに

植木鉢やごみ箱などで吹き出し・吸い込み口をふさぐとエネルギー効率が悪くなります。
室外機の周りはふさがないのイメージ
買い換えるときは省エネ性能をチェック

家の構造やお部屋の広さにあった能力のエアコンを選びましょう。購入前にカタログで省エネ度をしっかりチェックしましょう。「通年エネルギー消費効率値(APF)」を参考にしてください。人感センサーや自動清掃機能、気流コントロールなど、省エネ機能も部屋の構造と目的に合うものを。リモコンの使いやすさにも注目して。

APFってなに?通年エネルギー消費効率値
通年エネルギー消費効率値(Annual Performance Factor)とは、1年間に必要な冷暖房能力を、1年間でエアコンが消費する電力量(期間消費電力量)で除した数値。この値が大きいほどエネルギー効率が良いといえます。
省エネしたらこうなった!/
省エネ効果の参考データ

夏の冷房時の室温は28度を目安に

夏季で電気30.24kWhの省エネ

CO削減量10.5kg

外気温度31度、エアコン(2.2kW)の冷房設定温度を27度から28度にした場合(使用時間:9時間/日)

690円の節約


冬の暖房時の室温は20度を目安に

冬季で電気53.08kWhの省エネ

CO削減量18.4kg

外気温度6度、エアコン(2.2kW)の暖房設定温度を21度から20度にした場合(使用時間:9時間/日)

1,220円の節約


冷房は必要なときだけつける

夏季で電気18.78kWhの省エネ

CO削減量6.5kg

冷房を1日1時間短縮した場合(設定温度28度)

430円の節約


暖房は必要なときだけつける

冬季で電気40.73kWhの省エネ

CO削減量14.1kg

暖房を1日1時間短縮した場合(設定温度20度)

930円の節約


フィルターを月に1回か2回清掃

年間で電気31.95kWhの省エネ

CO削減量11.1kg

フィルターが目詰まりしているエアコン(2.2kW)とフィルターを清掃した場合の比較

730円の節約


冷暖房運転期間・運転時間

[一般社団法人 日本冷凍空調工業会規格JRA4046:ルームエアコンディショナの期間消費電力量算出基準]運転時間:9時間/日[期間中1日当たりの主機能動作平均時間として想定]

運転期間:暖房期間 5.5か月(10月28日~04月14日)169日
冷房期間 3.6か月(06月02日~09月21日)112日 中間期84日

照明

交換するだけで省エネ

白熱球に置き換えられるLED電球の消費電力は約1/5~1/7、寿命は約40倍に。 
(注)製品によってばらつきがあります。

グラフ1のイメージ
グラフ2のイメージ

点灯時間を短く

こまめな消灯は省エネの基本、誰もいない部屋の照明は消しましょう。

照明を消すイメージ

多灯分散で、シーンに合わせて

天井灯だけでなく、部屋に複数のあかりを配して、生活シーンに合わせて照らし分け、省エネしましょう。

ランプを取り替えるときは、以下の点にご注意ください。
  • 口金のサイズ、明るさ、光色をチェック。
  • 浴室などに多い密閉形器具や、調光機能の付いた器具、断熱材施工器具には、それに対応しているランプを。
  • LED電球の体感的な明るさについては、製品によって違いがあります。光の広がり方(全方向・下方向など)や、光源の明るさを表す数値「ルーメン(lm:全光束)」、相当ワット数などを参考に選びましょう。
  • 直管型LEDに取り替える場合は、不具合を避けるため、照明器具ごとの交換をお勧めします。
買い換えるときは
  • トイレや廊下、外灯なら人感センサー付きの器具に。消し忘れがないので無駄がありません。
  • リビングや寝室は調光機能付きの照明器具にしてみませんか?たとえば読書のときは100パーセントの明るさ、音楽を聴くなら薄暗くして、というふうに暮らしのシーンに合わせて使い分けられ、省エネ効果も得られます。
  • 調光だけでなく、調色、文字くっきり、快眠、目覚まし機能など、多彩なLED照明。目的に合わせて選びましょう。
  • 畳数表示を確認しましょう。シニアにはワンランク上の明るさを。
省エネしたらこうなった!/
省エネ効果の参考データ

不要な照明は消す

白熱電球の場合

年間で電気19.71kWhの省エネ

CO削減量6.8kg

54ワットの白熱電球1灯の点灯時間を1日1時間短縮した場合

450円の節約


蛍光ランプの場合

年間で電気4.38kWhの省エネ

CO削減量1.5kg

12ワットの蛍光ランプ1灯の点灯時間を1日1時間短縮した場合

100円の節約


電球形LEDの場合

年間で電気3.29kWhの省エネ

CO削減量1.1kg

9ワットの電球形LED1灯の点灯時間を1日1時間短縮した場合

70円の節約


電球形LEDランプに取り替える

年間で電気90kWhの省エネ

CO削減量31.2kg

54ワットの白熱電球から9ワット電球形LEDランプに交換した場合

2,070円の節約


テレビ

見ないときは消す

見ていないテレビは消しましょう。ゲームが終わったらテレビもOFF。

見ないときは消すのイメージ

明るさほどほど 節電モードで

明るさを控えめにするなど、節電モードに設定しましょう。明るさセンサーや自動オフタイマーなどの機能があれば設定を。画面のおそうじでも明るくなります。

買い換えるときはお部屋に合ったサイズを
  • 画面が大きくなると消費電力も大きくなります。視聴距離に合わせ適切なサイズを。
  • 明るさセンサーやオフタイマー、無操作・無信号オフ、消灯連動節電などの省エネ機能をチェックしましょう。
  • 2018年放送開始(注)の4K・8K放送対応テレビ、有機ELテレビも登場。
    (注)現行の放送もこれまで通り続けられます。
省エネしたらこうなった!/
省エネ効果の参考データ

テレビを見ないときは消す

液晶の場合

年間で電気16.79kWhの省エネ

CO削減量5.8㎏

1日1時間テレビ(32V型)を見る時間を減らした場合

380円の節約


画面は明る過ぎないように

液晶の場合

年間で電気27.10kWhの省エネ

CO削減量9.4㎏

テレビ(32V型)の画面の輝度を最適(最大→中央)に調節した場合

620円の節約


ブルーレイ/DVDレコーダー・プレイヤー

省エネモードなどに設定を

低消費電力モードやエコモードなどがあれば設定をしましょう。待機電力が抑えられます。

省エネモードなどに設定のイメージ

パソコン

使わないときは電源を切る

使わないときは、電源を切りましょう。電源オプションの設定を見直せば連続使用の場合も省エネに。

国際エネルギースターロゴのイメージ

「国際エネルギースターロゴ」が付いたOA機器は、待機している状態が一定の時間を経過すると、省エネモードに自動的に切り替わります。購入する際は、このロゴを目印に!

省エネしたらこうなった!/
省エネ効果の参考データ

使わないときは電源を切る

ノート型の場合

年間で電気5.48kWhの省エネ

CO削減量1.9㎏

1日1時間利用時間を短縮した場合

120円の節約


電源オプションの見直しを

ノート型の場合

年間で電気1.50kWhの省エネ

CO削減量0.5㎏

電源オプションを「モニタの電源をOFF」から「システムスタンバイ」にした場合(3.25時間/週、52週)

30円の節約


冷蔵庫

設定温度は適切に

一年中「強」にする必要はありません。部屋の温度や状況に合わせて、設定温度を「中」か「弱」にしましょう。節電モードがあれば設定しましょう。

詰め込み過ぎないで

詰め込み過ぎると冷気の流れが悪くなる上、ものを探すのに時間がかかり、開けている時間が長くなってエネルギーの無駄です。かごやトレーなどで取り出しやすいように整理しましょう。

冷蔵には詰め込み過ぎないのイメージ

置き場所にも気をつけて

壁にぴったりつけてしまうと放熱ができず電気代がかかってしまいます。最低でも取扱説明書に書かれている間隔をあけて置きましょう。ガスコンロの横や直射日光が当たる場所は避け、涼しい場所に置きましょう。

熱いものは十分に冷ましてから

麦茶やシチューなどを温かいまま入れるのはやめましょう。庫内の温度が上がり、冷やすのに余分なエネルギーがかかります。

熱いものは十分に冷ましてから冷蔵庫にいれるイメージ

食品は適切な場所に

約5~7度 野菜室 生野菜など
約3~6度 冷蔵室 日持ちする食品
約0度 チルド 凍らない
状態
より新鮮な
状態で保存
約-1度 氷温
約-3度 パーシャル 微凍結状態
約-18度 冷凍室 長期保存
買い換えるときは家族構成や使い方に合わせて

消費電力量は特に冷凍室の大きさに影響されます。それぞれのライフスタイルに合ったサイズや、使い勝手を考慮して選びましょう。年間消費電力量はもちろん、節電機能や搬入経路もしっかりチェックしましょう。

省エネしたらこうなった!/
省エネ効果の参考データ

ものを詰め込み過ぎない

年間で電気43.84kWhの省エネ

CO削減量15.2kg

詰め込んだ場合と、半分にした場合との比較

1,010円の節約


無駄な開閉はしない

年間で電気10.40kWhの省エネ

CO削減量3.6kg

JIS開閉試験(注)の開閉を行った場合と、その2倍の回数を行った場合との比較

230円の節約


開けている時間を短く

年間で電気6.10kWhの省エネ

CO削減量2.1kg

開けている時間が20秒間の場合と、10秒間の場合との比較

140円の節約


設定温度は適切に

年間で電気61.72kWhの省エネ

CO削減量21.4㎏

周囲温度22度で、設定温度を「強」から「中」にした場合

1,420円の節約


壁から適切な間隔で設置

年間で電気45.08kWhの省エネ

CO削減量15.6kg

上と両側が壁に接している場合と片側が壁に接している場合との比較

1,030円の節約


(注)JIS開閉試験
冷蔵庫は12分ごとに25回、冷凍庫は40分ごとに8回で、開放時間はいずれも10秒

炊飯器/電子レンジ

【炊飯器】長時間の保温は電気の無駄

朝炊いたご飯を夕飯まで保温していませんか?
炊飯器にもよりますが、7~9時間以上保温するなら、保温せず一食分ずつ冷凍するか、2回に分けて炊く方が省エネになります。

【電子レンジ】料理の下ごしらえや仕上げにも

野菜の下ごしらえは電子レンジですると省エネに。
また、焼き物の中までしっかり火を通したいときも、焦げ目をつけたあとに電子レンジで。

買い換えるときは

炊飯器

炊く量に合ったサイズを!
大きなサイズで少し炊くより、炊く量に合ったサイズで炊く方が省エネになります。エコ炊飯、低温保温、保温自動切りなど、省エネにつながる機能もチェック。

電子レンジ

センサー機能が発達し、2品同時加熱や加熱制御が効く製品も。多機能レンジを選ぶなら、オーブンなどレンジ以外の消費電力も比較してみましょう。

省エネしたらこうなった!/
省エネ効果の参考データ

炊飯器の保温時間を短く

年間で電気26.1kWhの省エネ

CO削減量9.1kg

保温時の消費電力15ワットとして、1日あたり保温時間を6時間短縮した場合
(注)1年間の炊飯回数は290回として試算(九州電力 独自試算)

600円の節約

電気ポット

保温するなら低めの温度

必要なときに沸かし、保温は低めの温度で。使わないときはプラグを抜いておきましょう。飲む分だけ沸かして保温しないスタイルも定着してきました。

保温するなら低めの温度(ポット)のイメージ
買い換えるときは省エネタイプを!

旧型の大型ポットの年間消費電力量は、冷蔵庫の年間消費電力量より大きいというデータも。最近は熱を逃がしにくい構造の省エネポットが主流。低温保温、エコ湯沸かしなど、省エネ機能も比較しましょう。

省エネしたらこうなった!/
省エネ効果の参考データ

使用しないときはプラグを抜く

年間で電気107.45kWhの省エネ

CO削減量37.3kg

ポットに満タンの水2.2Lを沸騰させ、1.2Lを使用後、6時間保温状態にした場合と、プラグを抜いて保温しないで再沸騰させて使用した場合の比較

2,470円の節約

洗濯機・洗濯乾燥機

洗剤は適量を守って

洗剤を適量以上入れても洗浄力は変わりません。かえってすすぎの時間が余計にかかり、電気や水の無駄づかいになります。すすぎが1回で済む洗剤もあります。

洗剤は適量のイメージ
買い換えるときは消費水量にも注目

洗濯機は多くの水を使う家電です。消費電力とともに消費水量にも注目しましょう。風呂水ポンプを使うと、水道代も節約できます。乾燥機能付きなら、電気と水の省エネになるヒートポンプ式に注目!部屋干し中心で湿気や乾燥時間が気になる方には送風乾燥式が便利です。

省エネしたらこうなった!/
省エネ効果の参考データ

洗濯物はまとめ洗いを

少量の洗濯物を数回に分けて洗うよりは、洗濯機の容量に合わせて、洗濯回数を少なくした方が効果的です。

年間で電気5.88kWhの省エネ

130円の節約

年間で水道16.75m³の節水

4,720円の節約

CO削減量11.0kg/合計約4,850円の節約

定格容量(洗濯・脱水容量6kg)の4割を入れて洗う場合と、8割を入れて洗う場合との比較
(注)水道のCO 排出係数は、(一社)日本レストルーム工業会水のCO換算係数0.54kgCO/m³(2019.4)を採用。
◎水道 282円/㎥ [総務省 小売物価統計調査「主要品目の郡市別小売価格」(2019年7月)の九州エリアにおける水道料および下水道料をもとに九州電力にて算出]

温水洗浄便座

寒い季節だけ

一年を通して便座や洗浄水を温めるのは大きな無駄。必要な季節だけ温めるようにしましょう。便座や洗浄水の温度も控えめに、節電モードがあればON。

便座や洗浄水を温めるのは必要な季節だけ温めるのイメージ
買い換えるときはタイプを把握して
  • 貯湯式/タンクの中の水をヒーターで温める方式。お湯を保温するための電力が必要になります。
  • 瞬間式/使用のたびに瞬間湯沸かし器で水を温めます。
    貯湯式より消費電力量は小さくなります。
  • 瞬間暖房便座、保温便座、タイマー節電など、省エネ機能も要チェック。節水タイプを選びましょう。
省エネしたらこうなった!/
省エネ効果の参考データ

使わないときはフタを閉める

年間で電気34.90kWhの省エネ

CO削減量12.1kg

フタを閉めた場合と、開けっぱなしの場合との比較(貯湯式)

800円の節約


便座暖房の温度は低めに

年間で電気26.40kWhの省エネ

CO削減量9.2kg

便座の設定温度を一段階下げた(中→弱)場合(貯湯式)
冷房期間は便座暖房をOFF。

600円の節約


洗浄水の温度は低めに

年間で電気13.80kWhの省エネ

CO削減量4.8kg

洗浄水の温度設定を年間一段階下げた(中→弱)場合(貯湯式)
(注)暖房期間:周囲温度11度 中間期:周囲温度18度 冷房期間:周囲温度26度

310円の節約


電気カーペット

人のいない部分はスイッチOFF

分割して暖める機能が付いている場合は、人のいない部分は暖めないようにしましょう。

電気カーペットは、人のいない部分はスイッチOFF

断熱マットで効率アップ

フローリングなどの床にじかに敷くと、熱が床に逃げて暖房効率が下がります。カーペットの下に断熱マットなどを敷いて熱の逃げを防ぎましょう。

あったかグッズで体感温度アップ!

あったかグッズで体感温度アップのイメージ
買い換えるときはお部屋の広さに合わせて

部屋の中央に置く「センター敷き」の場合、8畳以上の部屋なら4~6畳相当、6~8畳なら2.5畳~3畳相当、4.5畳なら2畳相当を目安に。人数や使い方を考えて、ご家庭に合った切り替えタイプを選びましょう。

省エネしたらこうなった!/
省エネ効果の参考データ

広さに合った大きさを

冬季89.91kWhの省エネ

CO削減量31.2㎏

3畳用のカーペットと2畳用のカーペットとの比較(室温20度の時、設定温度が「中」の状態で1日5時間使用)

2,070円の節約


設定温度は低めに

冬季185.97kWhの省エネ

CO削減量64.5㎏

3畳用で、設定温度を「強」から「中」にした場合(1日5時間使用)

4,280円の節約


こたつ

こまめに切って、こまめに温度調節

赤外線ヒータータイプなら、すぐに暖まります。離れるときはこまめに切りましょう。

こたつ布団に、上掛けと敷布団をプラスして

保温効果が高まり、低めの温度でも暖かくなります。

こたつ布団に、上掛けと敷布団をプラスのイメージ
買い換えるときは使用人数に合わせた最適サイズを

カタログで消費電力を確認し、使用人数や部屋の広さに合わせた最適サイズを選びましょう。節約運転機能やタイマー機能などがついたものを選びましょう。

省エネしたらこうなった!/
省エネ効果の参考データ

こたつ布団に、上掛けと敷布団をあわせて

冬季で電気32.48kWhの省エネ

CO削減量11.3㎏

こたつ布団だけの場合と、こたつ布団に上掛けと敷布団を併用した場合の比較(1日5時間使用)

740円の節約


設定温度は低めに

冬季で電気48.95kWhの省エネ

CO削減量17.0㎏

1日5時間使用で、温度調節を「強」から「中」に下げた場合

1,120円の節約


(注) 「省エネしたらこうなった!(省エネ効果の参考データ)」の削減値は、省エネルギーセンター「家庭の省エネ大辞典」をもとに、 九州電力「従量電灯B」の電力量料金(121kWh~300kWhの料金単価 23.06円[2019年10月現在])を適用して試算しています。
CO削減量は、0.347kg-CO/kWh( 九州電力の2018年実績値をもとに、CO排出クレジットおよび再生可能エネルギーの固定価格買取制度に伴う調整分を反映)を適用して算出しています。
燃料費等調整額および再エネ賦課金は含まず、消費税等相当額を含みます。