プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ポスト

九州電力 プレスリリース2024年(令和6年)

2024年6月
28日 玄海原子力発電所4号機は通常運転に復帰しました
28日 株式会社トヨコーへ出資しました-持続可能な社会の実現に向けてベンチャー企業との共創を推進-
27日 2024年8月分電気料金の燃料費等調整単価をお知らせします
26日 役員人事を決定しました
26日 役員人事を決定しました
25日 松原ダム・下筌ダムの更なる水力発電の増強について九州電力と九州地方整備局が連携して検討をはじめます
24日 川内原子力発電所1、2号機の長期施設管理計画に係る申請書を提出しました
24日 玄海原子力発電所4号機の高燃焼度燃料導入に係る原子炉設置変更許可申請の補正書を提出しました-これまでの審査内容を反映-
21日 うきは市および株式会社デベロップと防災協定を締結しました -官民連携による地域の「防災力向上」の実現-
20日 暑い夏を乗り切ろう!「熱中症予防プラン」による割引を実施します-75歳以上の方がお住まいのご家庭を対象に、2024年9月分電気料金を1,500円割引-
13日 グループ会社への不正アクセスが発生しました(第2報)
12日 川内原子力発電所1号機の第28回定期検査を開始します-安全確保を最優先に、検査や作業を一つひとつ丁寧に進めます-
11日 インドや南アフリカにおいてオンサイト太陽光発電事業を展開するキャンディ・ソーラー社へ出資しました-新たな事業機会の獲得やエネルギーソリューション事業の展開を目指します-
10日 「安全みらい館」において企業・団体向け安全研修を開始します-九電グループが培ってきたノウハウを基に提供する安全研修のご案内-
07日 玄海原子力発電所1、2号機の定期事業者検査(廃止措置段階)を開始します-廃止措置期間中に必要な施設の機能及び性能の確認-
05日 グループ会社への不正アクセスが発生しました(第1報)
03日 新サービス「U-NEXT for 九州電力」の提供を開始します-電気と動画配信サービスをまとめておトクに!-
このページの先頭へ
2024年5月
30日 2024年7月分電気料金の燃料費等調整単価をお知らせします
28日 玄海原子力発電所4号機の発電再開予定をお知らせします
28日 九州電力株式会社第526回社債(第3回九州電力トランジションボンド)及び 第527回社債(第4回九州電力トランジションボンド)の発行についてお知らせします
27日 玄海原子力発電所4号機の第16回定期検査中における運転上の制限逸脱についてお知らせします
24日 玄海原子力発電所操業差止訴訟の第46回口頭弁論が行われました-玄海原子力発電所の安全性を主張-
23日 電気バスのサブスクサービス「九電でんきバスサービス」を沖永良部島で開始しました-電気バスを多目的に活用するサービスを通じて離島のカーボンニュートラルに貢献-
17日 九州電力、西鉄、TOPPANの3社共同でエリア特化型のオープンイノベーション推進コンソーシアム「シンケツゴー!フクオカ」を発足します-オープンイノベーション推進に向けた共創活動を展開-
16日 長崎県東彼杵町の交流拠点「uminoわ」をリニューアルオープンしました-新たに地域企業2社がテナントに参加-
13日 「キャリアオーナーシップ経営 AWARD 2024」の「企業文化の変革部門」において最優秀賞を受賞しました-人と組織が共に成長する企業文化醸成への取組みなどが高評価-
13日 水力発電所導水路トンネルの内部確認用「水上ドローン」を APEX JAPAN株式会社と共同開発しました-水力発電所の安全かつ効率的な内部確認の実現-
01日 「九州電力トランジションボンド」を発行します
01日 性的指向やジェンダーアイデンティティに関わらず活き活きと働くことができる環境を整備します -同性パートナー及びその子に関する社内制度適用などを開始-
01日 性的指向やジェンダーアイデンティティに関わらず活き活きと働くことができる環境を整備します-同性パートナー及びその子に関する社内制度適用などを開始-
このページの先頭へ
2024年4月
30日 川内原子力発電所の新燃料輸送を行いました-1号機で使用する48体の新燃料を受入れ-
30日 本店部長等の人事を内定しました
30日 本店部長等の人事を内定しました
30日 第100回定時株主総会の日時及び場所についてお知らせします
30日 役員人事を決定・内定しました
30日 役員人事を決定・内定しました
30日 2023年度(2024年3月期)決算についてお知らせします
30日 事業領域拡大を加速させるため九電送配「事業開発室」を設置します-海外送配電事業や国内新規事業等に、より積極的に挑戦-
26日 2024年6月分電気料金の燃料費等調整単価をお知らせします
25日 CDPによる気候変動に関する調査で最高評価の「Aリスト」に選定されました-国内電気事業者として初めての選定-
24日 「九州停電情報提供アプリ」の提供を開始しました -九州エリアの停電・復旧見込み情報をスマホにいち早くお知らせ-
22日 総計35,000名のお客さまに豪華賞品が当たる「Qピコ抽選会」を実施します!- 本日4月22日から応募受付開始-
16日 九州電力薩摩川内複合施設「センノオト」が『ZEB』認証を取得しました-当社初、国内最大規模の「木造建築における『ZEB』認証」を取得-
12日 当社が海外に所有するプルトニウムの帳簿上交換について
12日 「KEYS Azalea」が、西日本地域初のShip to ShipによるLNGバンカリングを 実施しました-船舶燃料のLNG化を促進し環境負荷の低減に貢献-
09日 高圧お客さま向けの「CO2削減プランお試しキャンペーン」を実施します-最大1年間、CO2削減プランを実質無償提供-
05日 九州電力株式会社第524回及び第525回社債の発行についてお知らせします
01日 九電グループの地熱事業を九電みらいエナジー株式会社へ統合しました-日本トップクラスの再エネ事業者へ-
このページの先頭へ
2024年3月
29日 玄海及び川内原子力発電所の2024年度新燃料等輸送計画をお知らせします
29日 年間を通じて「使ってお得・エコチャレンジ」を実施します-九電ecoアプリを改善し、更なる再エネ有効活用を促進-
29日 「九電ドローンサービス株式会社」を設立します-ドローン事業を全国に拡大し、地域社会の課題解決に貢献-
28日 本店部長の人事を決定しました
28日 2024年5月分電気料金の燃料費等調整単価をお知らせします
28日 LNGバンカリング船「KEYS Azalea」が竣工しました-日本初、九州・瀬戸内地域でのLNG燃料供給、デュアルフューエルエンジン搭載船-
27日 あんしん、快適!「IH購入サポートプラン」を創設します-12か月間の電気料金を割引-
27日 次世代育成支援活動に取り組む団体への助成事業として2024年度の助成対象団体を決定しました-18団体に対し、総額約730万円を助成-
27日 玄海原子力発電所4号機の出力降下中における一時的な運転上の制限逸脱についてお知らせします
26日 九電グループによる不動産アセットマネジメント事業の更なる拡大-不動産ファンド6号案件の組成とアセットマネジメント業務の受託-
25日 英国「Dogger Bank A洋上風力発電所の海底送電事業」における優先交渉権を獲得しました -九電グループとして英国における2件目の海底送電事業-
25日 英国「Dogger Bank A洋上風力発電所の海底送電事業」における優先交渉権を獲得しました-九電グループとして英国における2件目の海底送電事業-
25日 玄海原子力発電所4号機の第16回定期検査を開始します-安全確保を最優先に、検査や作業を一つひとつ丁寧に進めます-
22日 サステナブル・ラボ株式会社へ出資しました-持続可能な社会の実現に向けてベンチャー企業との共創を推進-
21日 金沢大学と共に「ファン通貨」などを活用した被災地復興支援に取り組みます-産学連携により柔軟で持続的な支援を可能とする協力体制を構築-
21日 市民参加型合意形成プラットフォーム「Liqlid(リクリッド)」を活用し、福岡市早良区エリアにおける地域コミュニティ構築の実証を行います-「ひらめきと共創」最優秀賞受賞企業Liquitousと福岡地域戦略推進協議会との連携-
19日 「九電都市開発投資顧問株式会社」を設立します-九電グループによる私募リート事業への参画-
18日 「離島等供給約款」及び「最終保障供給約款」の届出を行いました-九州本土の電気料金見直しを踏まえた新たな電気料金を設定-
14日 2024年度 賃金及び賞与について妥結しました
14日 2024年度 賃金及び賞与について妥結しました
14日 川内原子力発電所1、2号機差止訴訟控訴審の判決が言い渡されました-当社勝訴-
13日 玄海原子力発電所の原子炉施設保安規定変更認可をいただきました
13日 2025年度採用計画についてお知らせします-新卒採用295人、経験者採用65人を採用-
11日 「健康経営優良法人2024(ホワイト500)」に認定されました-従業員の心身の健康づくりのサポートなどの取組みが評価-
11日 「健康経営優良法人2024(ホワイト500)」に認定されました-従業員の心身の健康づくりのサポートなどの取組みが評価-
06日 川内原子力発電所操業差止訴訟の第39回口頭弁論が行われました-証人尋問を実施-
06日 「令和6年能登半島地震」被災地支援のための従業員募金を贈呈しました-被災地の一日も早い復興を祈念し、日本赤十字社と電力総連に約2,100万円を贈呈-
06日 「令和6年能登半島地震」被災地支援のための従業員募金を贈呈しました-被災地の一日も早い復興を祈念し、日本赤十字社と電力総連に約2,100万円を贈呈-
01日 2024年度供給計画(発電・小売ライセンス)を提出しました
このページの先頭へ
2024年2月
29日 玄海原子力発電所3号機は通常運転に復帰しました
29日 新小倉発電所リプレースに関する環境影響評価方法書を届け出ました
28日 2024年4月分電気料金の燃料費等調整単価をお知らせします
22日 商業施設「荷揚リンクスクエア」を2024年4月1日に開業します-地域に新たな賑わいと交流を創出する商業施設の誕生-
20日 「センノオト」が2024年4月29日(月曜日・祝日)に開業します-地域の皆さまに愛され親しまれる施設を目指して-
16日 玄海原子力発電所操業差止訴訟の第45回口頭弁論が行われました -玄海原子力発電所の安全性を主張-
16日 福岡県久山町で創出した森林J-クレジットの活用先が決定しました-森林資源を活用したJ-クレジットの創出・活用を支援-
16日 当社のプルトニウムの利用計画について
16日 薩摩川内市域を中心としたサーキュラーエコノミー実証事業の推進に向けた連携協定を締結しました
14日 川内原子力発電所操業差止訴訟の第38回口頭弁論が行われました-証人尋問を実施-
13日 佐賀県内における部活動の地域移行支援を目指し、 株式会社WIDEと業務連携契約を締結します-多様なスポーツ・文化活動の機会を提供-
07日 川内原子力発電所操業差止訴訟の第37回口頭弁論が行われました-証人尋問を実施-
07日 川内原子力発電所1、2号機の「震源を特定せず策定する地震動」に係る原子炉設置変更許可をいただきました
07日 玄海原子力発電所3、4号機の「震源を特定せず策定する地震動」に係る原子炉設置変更許可をいただきました
06日 低圧お客さま向け新料金プラン「おひさま昼トクプラン」を創設します-昼間に需要を創出し、再生可能エネルギーを有効活用-
06日 託送料金の見直しを反映した新たな電気料金単価を設定します-2024年4月1日から新単価を適用-
05日 株式会社ハイレゾへ出資しました-持続可能な社会の実現に向けて出資を実施-
02日 玄海原子力発電所3号機の高経年化技術評価に係る原子炉施設保安規定変更認可申請の補正書を提出しました-これまでの審査内容を反映-
02日 玄海原子力発電所の低レベル放射性廃棄物を輸送します-青森県六ヶ所村の低レベル放射性廃棄物埋設センターへ輸送-
01日 黒川第二発電所の更新工事を開始します
このページの先頭へ
2024年1月
31日 2023年度(2024年3月期)第3四半期決算についてお知らせします
31日 新たなグループ体制について検討を開始します-九電グループの更なる成長を目指して-
30日 2024年3月分電気料金の燃料費等調整単価をお知らせします
29日 玄海原子力発電所の新燃料輸送を行いました-4号機で使用する76体の新燃料を受入れ-
26日 「電力需給調整力取引所」の法人(一般社団法人)化について
26日 玄海原子力発電所3号機の発電再開予定をお知らせします
25日 九州電力は習い事マッチングサービス「おけいこタウン」を通じて、JR九州「九州DREAM STATION」プロジェクトに参画します -駅舎を活用した習い事の場を新たに提供-
24日 「2022年度容量市場メインオークション」において入札価格に算定誤りがありました
24日 鹿児島県霧島市において「きりしま九電みらいの森」の整備に取り組みます-環境教育と市民交流の拠点となる森づくりを実施-
24日 英国廃棄物処理・発電事業会社の一部持分取得について
24日 ベトナムにおけるLNG to Power プロジェクトの事業会社を設立しました-九電グループ初の海外におけるLNG の調達、気化、発電まで一貫して行うプロジェクト-
22日 町田第一発電所の更新工事を開始します
19日 玄海原子力発電所の原子炉施設保安規定変更認可申請を行いました-事故時の指揮所を緊急時対策棟に移行するための申請-
17日 株主代表訴訟への補助参加の申立てを行いました
17日 「託送供給等約款」の認可を受けました-発電側課金制度を導入し、新たな託送料金等を設定-
17日 川内原子力発電所に係る原子炉設置変更許可申請を行いました-使用済燃料プールの共用化及びタービン動補助給水ポンプ取替え-
16日 「令和6年能登半島地震」被災地に対する義援金を贈呈します -日本赤十字社を通じて600万円を贈呈-
16日 「令和6年能登半島地震」被災地に対する義援金を贈呈します-日本赤十字社を通じて600万円を贈呈-
15日 「グローカルロジ基山」が竣工し、運用を開始します-再エネ100%の電気を使用する物流施設を開発-
15日 令和6年能登半島地震に伴い、北陸電力送配電管内に応援派遣を行います-高所作業車等18台、社員等30名を応援派遣-
10日 株主代表訴訟に関する訴訟告知書を受領しました
このページの先頭へ