ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート

大岳発電所 土石流による還元設備損傷後の仮復旧について

平成17年9月14日
九州電力株式会社

大岳発電所 土石流による還元設備損傷後の仮復旧について

 平成17年7月10日(日)の土石流によって損傷しました当社大岳発電所(地熱発電所)還元設備については,仮復旧を行い,9月13日(火)10時35分に約6,000kWで発電を再開しました。
 また,発電の再開に伴い,湯坪地域への温泉の供給も9月12日(月)に再開しております。
 なお,本格的な復旧工事については,大分県などにて行なわれる災害防止工事と協調して実施していく予定です。

(参考)
大岳発電所の概要
・所在地

大分県玖珠郡九重町大字湯坪字横尾411番地

・出力

12,500kW

・運転開始年月

昭和42年8月

以上

PDFファイル 大岳発電所 還元熱水処理系統 (21KB)