MENU CLOSE

プレスリリース

2019年2月21日
九州電力株式会社
九電グループの取扱い商品を「ウィズキュー」として販売します
-防災対策、猛暑対策、情報セキュリティ、LED化をサポート-

 九電グループは、2月21日から自治体さまや企業さまを対象に、九電グループの総合力を活かした商品・サービスを「ウィズキュー」として販売します。

 「ウィズキュー」では、九電グループの取扱い商品の中でも地域社会の関心が高い「防災対策」「猛暑対策」「LED化」「情報セキュリティ」の4つのカテゴリーについて、関連商品を取り揃え、自然災害の多発化・激甚化や、技術革新等の環境変化による様々なリスクへの対応をサポートします。

 九電グループは、今後も「農業」、「安全」、「観光」など地域の皆さまの関心やニーズが高く、地域経済の活性化につながるような商品やサービスの開発を通じて、地域社会の課題解決とグループ全体の収益拡大を図ってまいります。

「ウィズキュー」の概要

提供開始日 2019年2月21日    
内容 防災対策 電気、トイレ・空調、非常食、輸送手段の確保
  猛暑対策 建物の遮熱・断熱性能向上
  情報セキュリティ サイバー攻撃への対策、書類やデータの保管、機密文書の処分
  LED LED商品の提案、オーダーメイドの照明設計
(注)取扱会社・商品一覧は別紙参照

イメージ図

【ウィズキューとは】

ウィズには九電グループは九州とともにある、九州とともに九電グループは成長していくという思いを込めています。ウィズキューを通じて、地域との絆をさらに深め、地域社会に貢献する企業グループとして、皆さまの期待に応えてまいります。

以上