MENU CLOSE

プレスリリース

2021年3月29日
株式会社商船三井
株式会社フェリーさんふらわあ
九州電力株式会社
日本初のLNG燃料フェリー「さんふらわあくれない」「さんふらわあむらさき」2隻へのLNG燃料供給に関する基本協定書を締結しました

 本日、株式会社商船三井(以下、「商船三井」)と九州電力株式会社(以下、「九州電力」)の2社は、商船三井のグループ会社である株式会社フェリーさんふらわあ(以下、「さんふらわあ」)が運航するLNG燃料フェリー「さんふらわあくれない」「さんふらわあむらさき」2隻(以下、「本船」)へのLNG燃料供給に関する基本協定書を締結しました。

 LNG燃料の供給開始は、現在建造中の本船が竣工する2022年末頃を予定しており、大分県の別府港(第三埠頭北側岸壁)に着岸中の本船に対し、Truck to Ship方式で1日あたり約50トンを供給します。供給にあたっては、タンクローリー4台とスキッドと呼ばれる導管を接続し、4台同時に供給することで、LNG燃料の供給時間を短縮します。

※ 船舶へのLNG供給手法の一つ。係留中のLNG燃料船に対して、岸壁に駐車したタンクローリーからLNGを供給する方式

 LNG燃料は、九州電力のグループ会社である大分エル・エヌ・ジー株式会社からタンクローリーで出荷し、燃料輸送及び本船への供給作業については、株式会社ニヤクコーポレーションが実施します。また、大分瓦斯株式会社が燃料供給中の安全管理を担うことで、出荷から輸送、供給までの体制を充実させ、安全かつ安定した供給を実施します。なお、LNG燃料は、九州電力から商船三井のグループ会社である商船三井テクノトレード株式会社を通じてさんふらわあに販売する予定です。

 今回の取組みは、世界的な環境規制強化の中、船舶燃料の低炭素化を実現する有効な手段の一つと考えており、商船三井、さんふらわあ、九州電力は、今後とも環境負荷の低いLNGの導入促進を積極的に行い、低炭素社会の実現に貢献していきたいと考えております。

タンクローリー4台とスキッドによるLNG燃料供給のイメージ

タンクローリー4台とスキッドによるLNG燃料供給のイメージ図

供給体制のイメージ

供給体制のイメージ図

ご参考

2019年11月20日発表プレスリリース
日本初のLNG燃料フェリー「さんふらわあくれない」「さんふらわあむらさき」2隻の建造を決定 ~最新技術による「環境負荷の低減」及び「モーダルシフトへの対応」の達成と「伝統の継承」を共立させた大型フェリー~
https://www.mol.co.jp/pr/2019/19088.html別ウィンドウ

会社概要

会社名 九州電力株式会社 株式会社商船三井 株式会社フェリーさんふらわあ
代表取締役社長 池辺和弘 池田潤一郎 赤坂光次郎
本社所在地 福岡市中央区
渡辺通二丁目1番82号
東京都港区
虎ノ門二丁目1番1号
大分県大分市
生石五丁目3番地1号
以上