ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

新着情報・お知らせ

  • このリンクをシェア
  • ツイート

薩摩川内市が実施する甑島での再生可能エネルギー導入拡大のための蓄電池導入共同実証事業への当社協力について

平成26年10月15日
九州電力株式会社
薩摩川内市が実施する甑島での再生可能エネルギー導入拡大のための
蓄電池導入共同実証事業への当社協力について

 薩摩川内市は、持続的経済発展を目指し、次世代エネルギーを活かしたまちづくりに取り組むため、平成25年3月、「次世代エネルギービジョン」及び「行動計画」を策定しました。

 その取組みの一環として、薩摩川内市は、住友商事株式会社と共同で、再生可能エネルギーによる発電設備の接続制限のある甑島に、電気自動車の使用済み蓄電池を用いたシステム等を設置し、接続環境を整備する実証事業を行う予定であり、本日、薩摩川内市と住友商事株式会社は、同実証事業に取り組むことで同意した旨を公表しております。

 当社は、薩摩川内市から、同実証事業への協力要請を受けたことに伴い、本実証事業が円滑に進み、系統により多くの再生可能エネルギーを受け入れられるよう、協力してまいります。

※甑島は、九州本土と比べ、系統規模が小さいため、太陽光や風力発電のように、出力変動が大きい再生可能エネルギーの導入にあたっては、系統の安定性を保つため、蓄電池等による出力変動の緩和が必要となっています。

以上
【参考】 薩摩川内市プレスリリース
薩摩川内市甑島における、EVリユース蓄電池導入による共同実証事業について(別ウィンドウ)