MENU CLOSE

発電

原子力発電所のしくみ

加圧水型では燃料に低濃縮ウラン(約4%)を使い、中性子の速度を遅くするための減速材と、発生した熱を取り出すための冷却材には軽水(普通の水)を使います。核分裂で発生した熱で高温の熱水を作り、その熱水を蒸気発生器に送り、そこで別系統の水を蒸気に変えてタービンに送ります。このためタービン系には放射性物質がありませんので、従来の火力発電技術がそのまま活かせる特徴があります。

加圧水型原子力発電所系統図(3、4号機)

図説