ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート

2018年(平成30年)

2018年10月
31日 平成30年度(平成31年3月期) 第2四半期決算についてお知らせします
31日 九電グループは不動産事業を強化します
30日 平成30年4~9月度 販売電力量 -販売電力量は365億kWhとなりました-
30日 平成30年12月分電気料金の燃料費調整単価をお知らせします -前月分から電気料金が値上がり-
29日 玄海原子力発電所3、4号機運転差止仮処分(平成23年申立)抗告審第2回審尋が行われました -玄海原子力発電所の火山に対する安全性を説明-
26日 電気自動車を活用した最大需要電力削減パイロットプロジェクトを開始します -新たなサービスの創出に向け3社共同で実施-
25日 ドローンを活用したサービスの試行を開始します -空撮した動画や静止画から、オリジナル動画や三次元画像等を作成- -10月26日から受付開始-
23日 (お知らせ)川内原子力発電所1号機の特定重大事故等対処施設の工事計画認可申請書に係る補正書を提出しました -「新たに設置する設備等」に係る設備の申請範囲の見直し等を反映-
23日 (お知らせ)川内原子力発電所1号機の緊急時対策棟の工事計画認可申請書に係る補正書を提出しました -「緊急時対策棟(指揮所)の設置」に係る申請について記載の適正化を実施-
19日 苓北発電所1号機の運転を停止しました -電力の需給に問題はありません-
17日 九州電力株式会社第469回及び第470回社債の発行についてお知らせします
12日 玄海原子力発電所操業差止訴訟の第27回口頭弁論が行われました -玄海原子力発電所の安全性を主張-
04日 九州電力株式会社と株式会社オプティムは「戦略的提携」を締結しました -AI・IoT等を活用した新サービスや新規事業の開発等で提携-
このページの先頭へ
2018年9月
28日 (お知らせ)川内原子力発電所2号機は通常運転に復帰しました
28日 玄海原子力発電所2~4号機運転差止訴訟第27回口頭弁論及び同3、4号機原子炉設置変更許可取消訴訟(行政訴訟)第19回口頭弁論が行われました -玄海原子力発電所の安全性を主張-
27日 平成30年11月分電気料金の燃料費調整単価をお知らせします -前月分から電気料金が値上がり-
27日 (お知らせ)川内原子力発電所1、2号機の緊急時対策棟の工事計画認可申請書に係る補正書を提出しました -「緊急時対策棟(指揮所)の設置」に係る申請について記載内容の充実等を実施-
27日 「きゅうでんガス機器サポート」を開始します! -申し込み不要で、もしものトラブルに無料でかけつけ-
27日 (お知らせ)玄海原子力発電所 廃棄物処理建屋における煙の確認について
26日 宮崎県耳川水系 ダム・発電所ツアーを開催 -通常公開していない九州電力の設備を特別にご案内-
25日 「オール電化で にゃっトク!おトク!キャンペーン」を実施します!
25日 「再エネECOプラン」-水と地熱の電気特約- を創設します! -お客さまの環境経営への取組みを支援-
21日 (お知らせ)川内原子力発電所の新燃料輸送(平成30年度3回目)が完了しました -1号機用として40体、2号機用として24体の新燃料を受入れ-
18日 玄海原子力発電所周辺地域において全戸訪問を実施します -玄海町及び唐津市(鎮西町、肥前町、呼子町)の約8,500戸を訪問-
12日 「平成30年7月豪雨」被害に対する従業員募金を贈呈しました -被災地の一日も早い復興を祈念し、日本赤十字社と電力総連に約1,800万円を贈呈-
12日 旭化成株式会社延岡地区における天然ガス火力発電所の導入および天然ガス供給を担う合弁会社設立について
11日 川内原子力発電所操業差止訴訟の第23回口頭弁論が行われました -次回期日は平成30年11月26日-
10日 (お知らせ)川内原子力発電所の新燃料輸送(平成30年度2回目)が完了しました -1号機用として8体、2号機用として48体の新燃料を受入れ-
07日 託送供給等約款の変更届出を行いました -「地域間連系線の利用ルール見直し」に伴う変更-
06日 地震による停電の復旧に向けて北海道電力へ応援派遣を行います -高圧発電機車等30台、社員59名を応援派遣-
05日 台風21号による近畿地方の停電復旧に向けて関西電力へ応援派遣を行いました -高圧発電機車等42台、社員83名を応援派遣-
05日 川内原子炉設置変更許可取消訴訟(行政訴訟)第9回口頭弁論が行われました -火山事象に関する立地評価の合理性を主張-
01日 松浦発電所1号機の運転を停止しました -電力の需給に問題はありません-
このページの先頭へ
2018年8月
31日 QUUNの音声対話デバイスがスポーツニュースに対応しました -スポーツニッポン新聞社と提携、スポーツニュースを配信-
31日 (お知らせ)川内原子力発電所2号機の特定重大事故等対処施設の工事計画認可をいただきました -「新たに設置する建屋等」に係る認可-
30日 重要な本部等直轄機関の長の人事を決定しました
30日 連結子会社2社(九電オフィスパートナーと九電シェアードビジネス)を合併します
30日 平成30年10月分電気料金の燃料費調整単価をお知らせします -前月分から電気料金が値上がり-
29日 エネルギー関連のスタートアップ企業である「デジタルグリッド株式会社」に出資しました -将来の新たな事業やサービスの創出に向け技術的知見を獲得-
28日 川内原子力発電所2号機の原子炉起動、発電再開予定をお知らせします -8月29日に原子炉起動、8月31日に発電再開予定-
24日 九州電力株式会社第467回及び第468回社債の発行についてお知らせします
24日 米国サウスフィールドエナジーガス火力発電事業に参画します -当社持分出力 21.4万kW、米国における3件目の発電事業-
22日 スマートフォン制御型宅配ボックスによる「再配達問題」の解決を目指した実証実験を行います -福岡市実証実験フルサポート事業に採択-
21日 (お知らせ)川内原子力発電所2号機の特定重大事故等対処施設の工事計画認可申請書に係る補正書を提出しました -「新たに設置する建屋等」に係る申請について記載の適正化を実施-
13日 新大分発電所1号系列第5軸の運転を復帰しました -点検・補修を完了し、通常運転復帰-
10日 (お知らせ)川内原子力発電所2号機の特定重大事故等対処施設の工事計画認可をいただきました -「原子炉補助建屋等に設置する設備」に係る認可-
06日 (お知らせ)玄海原子力発電所の新燃料輸送(平成30年度2回目)が完了しました -3号機用として28体の新燃料を受入れ-
02日 瀬戸内・九州地区における船舶向けLNG燃料供給事業の共同検討の覚書を締結しました -LNGバンカリングの事業化に向け具体的検討を開始-
01日 福岡空港特定運営事業等に関する実施契約の締結について
このページの先頭へ
2018年7月
31日 業績連動型株式報酬制度導入に伴う当社株式の取得内容を決定しました -本日の取締役会で決定-
31日 平成30年度(平成31年3月期) 第1四半期決算についてお知らせします
30日 オリジナル音声AIを活用したIoTサービス『QUUN(キューン)』のサービスを開始します -本日(7月30日)からサービス開始-
30日 平成30年4~6月度 販売電力量 -販売電力量は166億kWhとなりました-
27日 新小倉発電所4号機が一時運転を停止しましたが、現在は通常運転に復帰しました -停止中の電力需給については問題ありませんでした-
27日 平成30年9月分電気料金の燃料費調整単価をお知らせします -前月分から電気料金が値上がり-
27日 「平成30年7月豪雨」被災地への支援を行います -福岡県に300万円、日本赤十字社に500万円寄附-
26日 (お知らせ)川内原子力発電所1号機の特定重大事故等対処施設の工事計画認可をいただきました -「新たに設置する建屋等」に係る認可-
24日 オリジナル音声AIを活用したIoTサービス『QUUN(キューン)』の先行受付を開始します -本日(7月24日)から先行受付開始-
23日 「今年の暑い夏を乗り切ろう!お年寄り応援プラン(熱中症予防プラン)」を創設します! -今夏の電気料金を▲10%割引-
21日 新大分発電所1号系列第5軸の運転を停止しました―電力の需給に問題はありません―
20日 新しいテレビCM「輝くみらい(地域・社会共生活動)」篇を放映します -次世代層向け地域・社会共生活動をテーマに7月22日(日曜日)から九州全域で放映-
20日 玄海原子力発電所操業差止訴訟の第26回口頭弁論が行われました -玄海原子力発電所の安全性を主張-
20日 「おトクなプランにしなキャット!『スマファミ』キャンペーン」を実施します! -抽選で2,000名さまにステキな賞品をプレゼント-
20日 苓北発電所2号機の運転を復帰しました -設備点検を完了し、昨夜、通常運転復帰-
19日 (お知らせ)玄海原子力発電所4号機は通常運転に復帰しました
18日 苓北発電所2号機の運転を停止しました -電力の需給に問題はありません-
17日 平成30年度供給計画において電源の「廃止」および「計画停止」の計画を変更しました -4発電所、7ユニットの計画を見直し-
13日 大雨により被災されたお客さまに対する電気料金等の特別措置を実施します -電気料金の支払期日の延長、不使用月の電気料金の免除、工事費の免除などを実施-
09日 西日本豪雨被害での中国地方の停電復旧に向けて中国電力へ応援派遣を行いました -高圧発電機車等 約50台、社員等 約120名を応援派遣-
09日 北海道有珠郡壮瞥町(黄渓地域)における地熱資源調査の終了について
09日 新大分発電所3号系列(第4軸)定格出力を変更しました -定格出力を現在の45.94万kWから当初計画値48万kWへ変更-
06日 (お知らせ)玄海原子力発電所の新燃料輸送(平成30年度1回目)が完了しました -4号機用として66体の新燃料を受入れ-
06日 九州電力株式会社第465回及び第466回社債の発行についてお知らせします
05日 農産物流通サービス『OSUSO(おすそ)』パイロット事業(実証試験)を開始します -地元農家が育てたお野菜を天神・博多駅周辺の飲食店などにお届け-
04日 九電みらい財団が「Instagramフォトコンテスト」を行います -「九州の美しい自然」をテーマにした写真を募集-
02日 離島における平成30年6月の再生可能エネルギーの出力制御実績をお知らせします -種子島で2回の出力制御を実施-
このページの先頭へ
2018年6月
29日 (お知らせ)川内原子力発電所1号機は通常運転に復帰しました
28日 平成30年度 初任給を改定します -2年ぶりに改定、対前年3,000円加算-
28日 平成30年8月分電気料金の燃料費調整単価をお知らせします -前月分から電気料金が値上がり-
27日 役員人事を決定しました
27日 九電グループの2018年版「CSR報告書」及び「環境報告書」を発行しました -国際社会全体の「持続可能な開発目標」SDGsとの対応関係を明示-
26日 福岡空港特定運営事業等 基本協定の締結
26日 (お知らせ)原子炉等規制法に関する規則の改正に伴う玄海及び川内原子力発電所の原子炉設置変更許可申請を行いました
25日 株式会社ローソンと大規模災害発生時における相互協力に関する協定を締結しました -迅速な被災地復旧活動を展開-
25日 (お知らせ)玄海原子力発電所4号機に係る使用前検査申請書の変更を行いました -最終の使用前検査を7月18日及び19日に受検予定-
22日 災害発生時の相互連携に関する協定を締結しました -迅速な被災地復旧活動を展開-
21日 (お知らせ)玄海原子力発電所の低レベル放射性廃棄物を輸送します -青森県六ヶ所村の低レベル放射性廃棄物埋設センターへ輸送-
20日 環境・エネルギー分野のベンチャーキャピタルと戦略的パートナーシップを構築し、新規ファンドに出資しました -有望なベンチャー企業等との共創による新たな事業やサービスの創出を加速-
15日 (お知らせ)玄海原子力発電所4号機の原子炉起動、発電再開予定をお知らせします -6月16日に原子炉起動、6月20日に発電再開予定-
13日 新国立競技場整備事業にスギ材を供給しました -九州の建材で環境に優しい建築に貢献-
08日 玄海原子力発電所3、4号機運転差止仮処分(平成23年申立)抗告審第1回審尋が行われました -玄海原子力発電所の安全性を主張-
08日 (お知らせ)玄海原子力発電所4号機に係る試験使用の承認をいただきました
08日 九州電力株式会社第464回社債(個人投資家向け社債)の発行についてお知らせします
06日 (お知らせ)川内原子力発電所1号機及び2号機の特定重大事故等対処施設の工事計画認可申請書に係る補正書を提出しました -「新たに設置する建屋等」に係る申請について記載の適正化を実施-
06日 オリジナル音声AIを活用したIoTサービス『QUUN(キューン)』を開始します -人気声優の声でニュースや天気をお知らせ- -7月のサービス開始に先行して50世帯の無料モニタを募集-
01日 「きゅうでん環境月間 エコチャレンジ2018」を実施します -九州各地で約300件の環境活動を展開-
01日 玄海原子力発電所2~4号機運転差止訴訟第26回口頭弁論及び同3、4号機原子炉設置変更許可取消訴訟(行政訴訟)第18回口頭弁論が行われました -次回期日は平成30年9月28日-
01日 離島における平成30年5月の再生可能エネルギーの出力制御実績をお知らせします -壱岐で5回、種子島で9回、合計14回の出力制御を実施-
このページの先頭へ
2018年5月
31日 生活情報誌「みらいと」を発行します -九州の各県庁所在地を中心に配布-
31日 電気自動車を電力の需給バランス調整に活用するための実証試験を開始します -再生可能エネルギーに対する新たな調整力として期待-
30日 見守りサービス「Qottaby(キューオッタバイ)」で高齢者見守りの実証実験を開始します -地元の高齢者福祉施設と協力し、新たなサービスを検証-
30日 川内原子炉設置変更許可取消訴訟(行政訴訟)第8回口頭弁論が行われました -火山事象に関する立地評価の合理性を主張-
30日 平成30年7月分電気料金の燃料費調整単価をお知らせします -前月分から電気料金が値上がり-
29日 川内原子力発電所1号機の原子炉起動、発電再開予定をお知らせします -5月30日に原子炉起動、6月5日に発電再開予定-
28日 (お知らせ)玄海原子力発電所4号機に係る使用前検査申請書の変更及び試験使用承認の再申請を行いました
28日 (お知らせ)川内原子力発電所1号機及び2号機の特定重大事故等対処施設の工事計画認可申請書に係る補正書を提出しました -「新たに設置する建屋等」に係る申請について記載の適正化等を実施-
21日 川内原子力発電所操業差止訴訟の第22回口頭弁論が行われました -次回期日は平成30年9月11日-
18日 九州電力株式会社第462回及び第463回社債の発行についてお知らせします
17日 (お知らせ)川内原子力発電所2号機の特定重大事故等対処施設の工事計画認可申請書に係る補正書を提出しました -「原子炉補助建屋等に設置する設備」に係る申請について記載の適正化等を実施-
16日 (お知らせ)玄海原子力発電所3号機は通常運転に復帰しました
16日 (お知らせ)玄海原子力発電所3、4号機共用設備の使用承認をいただきました
15日 (お知らせ)川内原子力発電所1号機の特定重大事故等対処施設の工事計画認可をいただきました -「原子炉補助建屋等に設置する設備」に係る認可-
15日 玄海原子力発電所4号機1次冷却材ポンプシール部の流量増加原因と対策についてお知らせします
15日 米国クリーンエナジーガス火力発電事業(62万kW)に参画します -当社持分出力 12.5万kW、米国における2件目の発電事業-
14日 (お知らせ)玄海原子力発電所4号機に係る試験使用承認申請の取り下げを行いました
14日 第94回定時株主総会の目的事項についてお知らせします
14日 執行役員及び本店部長ほかの内定
11日 玄海原子力発電所操業差止訴訟の第25回口頭弁論が行われました -玄海原子力発電所の安全性を主張-
10日 (お知らせ)玄海原子力発電所1号機 第1回施設定期検査(廃止措置段階)が終了しました -機能を維持すべき施設の性能が確保されていることについて確認を受けました-
09日 世界最大規模のインドネシア・サルーラ地熱IPPプロジェクトの全号機(総出力 約33万kW)が営業運転となりました -本年5月4日、最終号機(3号機)の営業運転開始(出力 10.9万kW)- -地球温暖化対策の推進及びインドネシアの電力安定供給に貢献-
03日 玄海原子力発電所4号機の1次冷却材ポンプシール部の点検を行います
01日 離島における平成30年4月の再生可能エネルギーの出力制御実績をお知らせします -壱岐で10回、種子島で20回、合計30回の出力制御を実施-
このページの先頭へ
2018年4月
27日 平成29年度(平成30年3月期) 決算についてお知らせします
27日 役員人事等の内定
27日 業績連動型株式報酬制度を導入します -株主の皆さまと企業価値を共有- -経営計画の実行を通じた企業価値向上・株価上昇への貢献-
27日 第94回定時株主総会の日時及び場所についてお知らせします
26日 九州電力公式Instagram(インスタグラム)ページを開設します -当社をより身近に感じていただける写真や動画を発信-
26日 (お知らせ)川内原子力発電所2号機の特定重大事故等対処施設の工事計画認可申請書に係る補正書を提出しました -「新たに設置する建屋等」に係る補正-
26日 平成29年度 販売電力量 -販売電力量は768億kWhとなりました-
26日 平成30年6月分電気料金の燃料費調整単価をお知らせします -前月分から電気料金が値上がり-
25日 (お知らせ)玄海原子力発電所4号機に係る試験使用承認の申請をしました
24日 (お知らせ)玄海原子力発電所4号機の燃料装荷を終了しました -安全確保を最優先に、今後の検査や作業を一つひとつ丁寧に進めます-
23日 (お知らせ)川内原子力発電所の新燃料輸送(平成30年度1回目)が完了しました -1号機用として16体の新燃料を受入れ-
23日 会長・社長の内定
19日 川内原子力発電所2号機の第22回定期検査を開始します -安全確保を最優先に、検査や作業を一つひとつ丁寧に進めます-
19日 (お知らせ)玄海原子力発電所3号機に係る使用前検査申請書の変更及び3、4号機共用設備の使用承認申請の再申請を行いました
19日 (お知らせ)玄海原子力発電所4号機の燃料装荷を開始します -安全確保を最優先に、検査や作業を一つひとつ丁寧に進めます-
19日 平成28年熊本地震により被災されたお客さまに対する特別措置を延長します -工事費負担金、臨時工事費、諸工料の免除の延長-
18日 (お知らせ)玄海原子力発電所3号機の発電再開予定をお知らせします
17日 玄海原子力発電所3号機脱気器空気抜き管からの蒸気漏れの原因と対策についてお知らせします -新たな取替・点検計画の策定及び専門家のご意見を踏まえた更なる取組み等を実施-
16日 「2018年度 経営計画の概要」についてお知らせします -「九電グループの思い」の実現に向けた2018年度の具体的行動計画-
09日 (お知らせ)川内・玄海原子力発電所周辺における地震観測体制強化の取組みについてお知らせします -川内は4月から地震観測開始、玄海は7月から地震観測点設置開始-
09日 九電みらい財団が「みらい応援キャンペーン」を行います -2017年度に助成した20件の活動から奨励賞3件を選考-
05日 (お知らせ)迂回道路建設工事及び川内原子力発電所の工事で発生する土砂を「川内港久見崎みらいゾーン」の事業区域に搬出します
05日 川内原子力発電所1号機の第23回定期検査の状況をお知らせします -漏えい燃料集合体の調査結果-
03日 (お知らせ)川内原子力発電所1号機の特定重大事故等対処施設の工事計画認可申請書に係る補正書を再提出しました -「原子炉補助建屋等に設置する設備」及び「新たに設置する建屋等」に係る補正-
02日 玄海原子力発電所3号機 脱気器空気抜き管からの微少な蒸気漏れ点検状況について
02日 離島における平成30年3月の再生可能エネルギーの出力制御実績をお知らせします -壱岐で3回、種子島で19回、徳之島で2回、合計24回の出力制御を実施-
02日 大岳地熱発電所の更新工事に着手しました -発電システムの効率向上により出力増加- -電力の安定供給及び二酸化炭素排出量の抑制に貢献-
このページの先頭へ
2018年3月
30日 玄海原子力発電所3号機について2次系の空気抜き管からの微少な蒸気漏れを確認しました-念のため発電を停止し、点検を実施します-
30日 (お知らせ)玄海及び川内原子力発電所の平成30年度新燃料等の輸送計画をお知らせします -新燃料の受入及び低レベル放射性廃棄物の搬出を計画-
30日 九電みらい財団が2018年度 次世代育成支援活動への助成を行います -22件の活動に対し、総額約1,400万円助成-
29日 執行役員及び本店部長の人事
29日 法的分離に伴う一般送配電事業の分社化の方向性をお知らせします -2020年4月1日 送配電事業の分社化に向け検討-
29日 九電グループロゴマークを制定しました -信頼され、選ばれ続ける企業グループを目指して-
29日 平成30年7月に当社組織を一部改正します -経営環境の変化等に適切に対応-
29日 平成30年5月分電気料金の燃料費調整単価をお知らせします -前月分から電気料金が値上がり-
28日 (お知らせ)玄海原子力発電所3号機に係る使用前検査申請書の変更及び3、4号機共用設備の使用承認申請を行いました
23日 玄海原子力発電所2~4号機運転差止訴訟第25回口頭弁論及び同3、4号機原子炉設置変更許可取消訴訟(行政訴訟)第17回口頭弁論が行われました -玄海原子力発電所の安全性を主張-
22日 (お知らせ)玄海原子力発電所3号機の原子炉起動、発電再開予定をお知らせします -安全確保を最優先に、今後の検査や作業に一つひとつ丁寧に取り組みます-
22日 豪州ウィートストーンLNGプロジェクトから権益持分LNGを初受入れしました -大分基地で荷揚げ完了-
20日 玄海原子力発電所3、4号機再稼働禁止仮処分(平成29年申立)について申立てを却下する決定が出されました -当社勝訴-
19日 「AnimeJapan 2018」と同時開催の「ファミリーアニメフェスタ 2018」にて九州電力とソニー・ミュージックエンタテインメントが共同でブースを出展します。 -今夏開始予定のIoTサービスのデモンストレーションを実施-
16日 見守りサービス「Qottaby(キューオッタバイ)」の実証実験に地元企業が参加します -地元企業と協力し、「見守りサービス」の更なる有用性を検証-
15日 平成30年度 賃金改定及び賞与について妥結しました
14日 (お知らせ)玄海原子力発電所3号機に係る試験使用の承認をいただきました
12日 (お知らせ)川内原子力発電所1号機の第23回定期検査の状況をお知らせします -調査により漏えい燃料集合体を特定-
10日 川内火力発電所2号機 ボイラーの管の修理が完了しました -ボイラーの管の破孔箇所を修理-
09日 (お知らせ)川内原子力発電所1、2号機の特定重大事故等対処施設の工事計画認可申請書を提出しました -「新たに設置する設備等」に係る申請-
07日 川内原子力発電所操業差止訴訟の第21回口頭弁論が行われました ―次回期日は平成30年5月21日―
01日 再生可能エネルギー出力制御量低減のための技術開発事業を開始します -関門連系線の再エネ送電可能量拡大に向けた技術開発事業の実施-
01日 離島における平成30年2月の再生可能エネルギーの出力制御実績をお知らせします ―種子島で5回の出力制御を実施―
01日 音声端末を活用したIoTサービスを開始します -当社IoTサービス基盤を通じた新しい生活体験-
このページの先頭へ
2018年2月
28日 川内原子炉設置変更許可取消訴訟(行政訴訟)第7回口頭弁論が行われました -火山事象に関する立地評価の合理性及び降下火砕物に対する安全性を主張-
28日 (お知らせ)川内原子力発電所1号機の特定重大事故等対処施設の工事計画認可申請書に係る補正書を再提出しました -「原子炉補助建屋等に設置する設備」に係る申請について記載の適正化等を実施-
28日 第27回地球環境大賞で「経済産業大臣賞」を受賞しました -再生可能エネルギーの推進及び地域との協働による環境保全活動が高評価-
28日 監査等委員会設置会社への移行及び取締役、執行役員制度の見直しを決定しました -意思決定を迅速化するとともに監督機能を強化-
27日 平成30年4月分電気料金の燃料費調整単価をお知らせします -前月分から電気料金が値上がり-
27日 川内原子力発電所1号機の第23回定期検査工程を変更しました -明日より燃料の取り出しを開始-
23日 平成31年度採用計画についてお知らせします -定期採用220人、通年採用30人を採用-
23日 鹿児島県指宿市において山川バイナリー発電所の営業運転を開始しました -地熱の未利用エネルギー有効活用による発電-
23日 (お知らせ)玄海原子力発電所3号機に係る試験使用承認の申請をしました
23日 九州電力株式会社第460回及び第461回社債の発行についてお知らせします
22日 「Qピコ」でステキな賞品プレゼント! -3月1日から応募受付を開始します-
22日 川内火力発電所2号機の運転を停止しました -ボイラー蒸気漏洩の疑いのため、昨夜、運転を停止- -電力の安定供給に問題なし-
20日 「健康経営優良法人2018」に認定されました -従業員の心身両面の健康増進に向けた取組みが評価-
20日 (お知らせ)川内原子力発電所1号機の特定重大事故等対処施設の工事計画認可申請書に係る補正書を提出しました -「新たに設置する建屋等」に係る申請について記載の適正化等を実施-
20日 (お知らせ)玄海原子力発電所3号機の燃料装荷を終了しました -安全確保を最優先に、今後の検査や作業も一つひとつ丁寧に進めます-
16日 「お客さま感謝キャンペーン2018」を実施します! -抽選でホークスの試合観戦チケット・オリジナルグッズを総計1,878名さまにプレゼント-
16日 (お知らせ)玄海原子力発電所3号機の燃料装荷を開始します -安全確保を最優先に、検査や作業を一つひとつ丁寧に進めます-
15日 「春の電気ご契約キャンペーン2018」を実施します! -抽選で5,000名さまにQUOカード1,000円分プレゼント-
07日 (お知らせ)緊急時対策棟に係る川内原子力発電所2号機の工事計画認可申請書を提出しました -事故時の指揮命令に係る機能を備えた緊急時対策棟(指揮所)の申請-
06日 九州エリアにおける冬季時間最大電力の記録を更新しました -今冬2回目の更新- -気温の低下により暖房需要が増加-
05日 九州エリアにおける冬季時間最大電力の記録を更新しました-平成28年1月以来の更新--気温の低下により暖房需要が増加-
01日 離島における平成30年1月の再生可能エネルギーの出力制御実績をお知らせします -種子島で5回の出力制御を実施-
このページの先頭へ
2018年1月
31日 平成29年度(平成30年3月期) 第3四半期決算についてお知らせします
31日 (お知らせ)玄海原子力発電所及び川内原子力発電所の平成29年度低レベル放射性廃棄物の輸送を中止します ―「未定」としていた輸送計画を「中止」に変更―
31日 (お知らせ)川内原子力発電所1号機の特定重大事故等対処施設の工事計画認可申請書に係る補正書を再提出しました ―「原子炉補助建屋等に設置する設備」に係る申請について記載の適正化等を実施―
31日 (お知らせ)玄海及び川内原子力発電所 原子力事業者防災業務計画を修正しました -関係自治体との協議を経て原子力規制委員会へ届出-
31日 都市開発プロジェクトへ参画する体制を強化します ―都市開発担当部署を新たに設置― ―大型都市開発プロジェクトへの参画を通じて九州の発展に貢献―
30日 平成30年3月分電気料金の燃料費調整単価をお知らせします -前月分から電気料金が値上がり-
30日 平成29年4~12月度 販売電力量 -販売電力量は561億kWhとなりました-
29日 (お知らせ)川内原子力発電所1、2号機の常設直流電源設備の工事計画認可をいただきました ―常設直流電源設備(3系統目)の設置―
25日 川内原子力発電所1号機の第23回定期検査を開始します ―安全確保を最優先に、検査や作業を一つひとつ丁寧に進めます―
24日 新大分発電所1号系列のガスタービン更新工事が完了しました ―CO2排出量年間約20万トン、燃料消費量年間約4万トンを削減―
24日 九電みらい財団が「いきものにぎわい企業活動コンテスト」会長賞を受賞しました -くじゅう坊ガツル湿原での環境保全活動が高評価-
22日 豊前発電所2号機 ボイラーの管の修理が完了しました -ボイラーの管の破孔箇所を修理-
18日 九州電力株式会社第459回社債の発行についてお知らせします
15日 (お知らせ)玄海原子力発電所1号機 第1回施設定期検査(廃止措置段階)を開始します ―廃止措置期間中に必要な施設の機能・性能維持の確認―
04日 離島における平成29年12月の再生可能エネルギーの出力制御実績をお知らせします ―種子島で1回の出力制御を実施―
02日 豊前発電所2号機ボイラーの管に破孔を確認しました-準備出来次第補修実施--電力の安定供給に問題なし-
このページの先頭へ